• プロローグ

ポジティブな言葉で話す

こんにちは。鹿児島の結婚相談所プロローグです。


何組ものカップルを間近で見て、成婚までお手伝いさせていただいている婚活アドバイザーだからこそ言える、お見合いや婚活で気を付けたいことや、裏技などをあれこれとご紹介させていただきます。


今回のテーマは『ポジティブな言葉で話す』です。


普段、何気なく話している会話の中では、知らず知らずネガティブな言葉を使っていることがあります。


お見合いや婚活では、できる事ならポジティブな言葉の方が、穏やかな雰囲気の中で会話が楽しく弾みます。


性格もありますが、気持ちがネガティブになっていたり、心配や不満を抱えていたりすると、言葉もついネガティブな方へ引っ張られてしまいます。

そして、ネガティブな言葉を使って話している内容は、もちろん、つまらないです…

不思議なことに、話している方はそんなにネガティブな話をしているとは気付いていないことが多いです。

性格的なものですと難しいのですが、その時の生活環境や職場状況に心配や不満があったり、自分自身に納得ができていない状況であれば、ご自身に向き合い改善に向かうように努力をしましょう。

もちろん、簡単なことではありませんが、改善をしようとする考えや行動がもうすでにポジティブなので、そんなあなたは自然とポジティブな言葉で話しているはずです!


具体的な言葉で、ポジティブとネガティブを見比べてみましょう。


ポジティブな言葉

『嬉しい・楽しい』この言葉の通りの時間を過ごせていれば完璧です。

『美味しい』食事のときは少し大袈裟なくらいでOK!

『ありがとう』いくら伝えても言い過ぎという限界のない、特別な言葉です。

『いいね』SNSでも大人気!良いことへの共感や共鳴は、お互いを認め合える魔法の言葉です。

『好き・大好き』ワクワク、ドキドキしちゃいます💕

『すごい・素敵』誰だって褒められると嬉しいです。

『大丈夫』安心感があります。


ネガティブな言葉

『でも・だって…』会話にこんな言葉がたくさん出てきたら、楽しいはずがありません。

『疲れた・面倒くさい』人生を損しています。

『ありえない』相手を楽しませていないことに気付いていないなんて、ありえない!

『ウザい・ムカつく』思春期&反抗期の子供の使える言葉です。

『最低・最悪』最低・最悪な事は、笑い話として話せるようになってから人に伝えましょう。


明らかにポジティブな言葉の方が、会話が楽しそうですし、その言葉を発している人にも好感が持てますね。

このように言葉を客観的に見てみたり、自分自身と向き合うことで、自然とポジティブな言葉で会話ができるようになります。

普段からちょっと心がけてみましょう。


最後に、言葉に気持ちが影響するのであれば、お見合いや婚活に向かうときはご自分でポジティブスイッチをオンにしましょう!

『運命の人と出逢うかもしれない折角のチャンスだ。』そう思うと自然にスイッチが入ると思いませんか。