top of page
  • 執筆者の写真プロローグ

婚活中の相談事『いつも割り勘である』

こんにちは。鹿児島の結婚相談所 プロローグです。


以前のブログ『婚活中の相談事』の中から、最後の相談事『いつも割り勘である』に答えていきたいと思います。  


お見合いで出逢いお付き合いすることになったお2人は、その後デートを重ねていくことになりますが、デートの時間帯によってはお茶や食事は欠かせないもので、楽しみな時間でもあります。

お茶をしたり食事を楽しんだ後には、当然お支払いをするのですが、デートの度にお支払いがありますので、かなりの回数になります。

そこでお互いに貸し借りのない、すっきりした形の割り勘にするのも一つの方法ですが、男性と女性は割り勘に対する考え方が少し違うようで、今回の相談事『いつも割り勘である』は女性から相談されることが多いです。


では男性と女性の割り勘に対する考え方や、気持ちの違いを見比べてみましょう。


まずは男性の大部分の方は『ご馳走してあげたい、そして美味しく食べてもらえれば嬉しい』と、女性に喜んでもらいたい気持ちがあるようです。

お付き合いが始まり最初のうちは『ご馳走してあげたい』と言う気持ちでなにも問題ないのですが、デートの度に男性が支払い、それが当たり前のようになってくると、流石におもしろくなくなります。

そうなるとデートも心から楽しめず、割り勘を提案せざるを得ないことになってしまったり、❝たまには女性もご馳走してくれた嬉しいのにな!❞と思うようです。

また最初から割り勘と、ハッキリ割り切った男性もいらっしゃるようです。



では女性はどのような気持ちでデートに臨んでいるのでしょうか。

男性の『ご馳走してあげたい』そのお言葉に素直に甘えていいものかと迷う女性は少なくはありません。

かと言って女性がしゃしゃり出るのもどうかな?と複雑な心境でのようです。

どういう形でどういうタイミングでお支払いすればいいのか難しく、またレジに2人並んだ場合、なかなかタイミングが掴めずもたもた戸惑っているうちに支払いそびれてしまった。という女性もいらっしゃいます。

また割り勘が続くと『今日も割り勘なのかな?』とちょっぴり寂しい気持ちになるそうです。


お互いがお互いの気持ちを理解した上で、男性の優しい好意にいつまでも甘えることなく、女性もご馳走してあげましょう。

最初から割り勘と決めてしまうよりは、ご馳走したりご馳走になったりする形の方が、美味しくもあり嬉しくもあり、心や気持ちが豊かになれると思います。


デートのお支払いにこれが正解と言うものはありませんし、人それぞれの考えで良いと思います。

お互いが心理的ストレスを抱えないように、お相手の気持ちを考えながら行動すると、素敵なデートを重ねられると思います。

さあ!楽しいデートに出かけましょう。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page