top of page

婚活中の相談事『話が続かない、盛り上がらない』

こんにちは。鹿児島の結婚相談所 プロローグです。


以前のブログ『婚活中の相談事』の中から、今回は『話が続かない、盛り上がらない』に答えていきたいと思います。


対人関係において会話は必要不可欠です。

お見合いやデートなど婚活中は、なおのこと会話が重要になります。

お話上手な方やお喋り好きな方は楽しい時間を過ごされるようですが、あまり得意でない方は『話が続くかな?盛り上がるかな?』と心配でしょうがなく、不安な気持ちで婚活に望むことになります。

会話は盛り上げようと張り切り過ぎても上手くいかないですし、空回りしてしまうとどうしていいかわからなくなって焦ってしまいます。

会話の得手不得手はありますが、デートの回数を重ねお互いに気心が知れてきたり、少し意識してみたり気を付けてみると話しが続くようになったり、盛り上がりも期待できるかもしれません。

では、具体的にどのようなことを意識したり気を付けると良いのでしょうか?



①趣味など相手の興味のある話題を選ぶ

知っていることや興味のあることは、それなりに情報をお持ちなので1つの話題が広がり、次々と会話が繋がり盛り上がっていきます。

この時に気を付けたいのは、あなた自身も相手の趣味や興味のあることに、興味を持ち前のめりに話を聞くことです。

もちろんですが、一方的に話し続けていても楽しくはありません。あなたが知らないジャンルの話でも『私は◯◯のことは知らないですが、教えてください。おもしろそうですね。』と興味を持って聞いたり、質問したりすることで、話は続きますし盛り上がります!


②相手の表情を見ながら話す

あなただけが話し続けてしまい、相手の口数が少なく楽しそうにも見えないような場合は、好みの話ではないのかもしれませんので話題を変えてみましょう。

なにを話していいかわかなくなってしまった時は、慌てることはありません。簡単な方法があります!『何が好きですか?』『何に興味をお持ちですか?』と聞いてしまえばいいのです。


③情報量を多めにして投げかけてみましょう

短いセンテンスでは、会話が続かず話しも盛り上がりません。

例えば、『和食は好きですか?』・・・『好きです。』

『趣味は何ですか?』・・・『テニスです。』

『最近映画を見ましたか?』・・・『いいえ。』

『今日も暑いですね?』・・・『そうですね。』

このように短いセンテンスでは、返事も短い言葉で返ってくる傾向があります。そうなると慌てて次の話題探さなければとアタフタすることになります。

そこで『今日も暑いですね。私は夏が好きで、こういう日は海や山によく行きます。』と少し長めの文章にしますと、『夏が好き・海・山』と3つの情報が入っていますので、返事する側は情報に関連付けた返事をスムーズに返せるのです。   

プツンプツンと切れる会話ではなく、情報量を多めにして投げかけることを心掛けてみると会話は続くはずです。

短いセンテンスで質問をしてしまい、返事も短く会話が終わってしまいそうな時は、もうひとつ会話を続かせ、話を盛り上げる方法があります!

自分の話をしてみるのもいいですし、さらに質問を続けてみるのもいいですね。

例えば、『和食は好きですか?』・・・『好きです。』

『そうなんですね。私も和食が好きで、家で作る料理はほとんど和食だったり、手打ちそばが好きで、おいしいお店を探して食べ歩きしてます。◯◯さんは何がお好きですか?』と自分のことを相手に知ってもらいつつ、より相手のことを知れるチャンスになります。


しかし、会話の正解はひとつではありませんので、相手の反応でどうしたらいいのかわからなくなってしまったり、困り果ててしまうこともあるかもしれません。

そんな時は1人で悩まず、早めにプロローグへご相談ください。

一緒に解決の糸口を見つけましょう!

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page