top of page
  • 執筆者の写真プロローグ

私たちの結婚-前編-(…結婚まで)

更新日:2023年12月1日

こんにちは。鹿児島の結婚相談所プロローグです。


以前のブログ(姪っ子が結婚しました💕)で、東京にいる姪っ子姉妹が揃って結婚した話をさせていただきましたが、その姪っ子姉妹の姉家族が、先日、鹿児島に帰省し、プロローグにも遊びに来てくれました。

その時、彼女の結婚観を話してくれたのですが、『その話をブログに!』とリクエストし文章を書いてもらうことになりました。

いつもとは違った切り口ですが、これもひとつの結婚のケースですので、是非、読んでみてください。



こんにちは。プロローグの婚活アドバイザーを叔母に持つ、姪っ子姉妹の姉です。

先日、久しぶりに鹿児島へ帰り叔父と叔母といとこに、私の夫と生後7ヵ月のこどもを紹介しました。

その際にプロローグのオフィスにもお邪魔して、私の結婚の話を叔母にしていたら『その話、ブログに書いてよー!』と言ってもらったので、その気になって書かせてもらっています!


私と夫との出逢いは結婚相談所ではないので、結婚相談所で婚活をされている方には参考にならないかもしれませんが、結婚のひとつのケースとしてお読みいただければと思います。


私は30歳を過ぎても、35歳を過ぎても…仕事、仕事、仕事!で結婚をする気配もなく、婚活アドバイザーの叔母をやきもきさせていました。

久しぶりに会ったり、電話で話しをしたりすると、いつも『いい人いるの?』と優しく遠回しに聞いてくれるのですが、『仕事がね~』『いい出逢いがなくて~』なんてのらりくらり答えていると、徐々に語尾が強くなり、最後には『いくつだと思ってるのー』っと愛のムチが!そんなやり取りも長年繰り返していると、お決まりのネタのようになってしまい、言われているこちらは『はいっ、きたー!!』と楽しむ始末でした。


お付き合いさせていただいてる方はいたりいなかったり、いなかったりいなかったり…ありがたいことに仕事が楽しくて、こんな人生もアリかな~なんてのん気に30代も後半も迎えようとしていた時、お付き合いさせていただいている方と一緒に住むことに!

それでも、結婚願望があるわけではなかったのと、気付けば30代後半…もう子供を産むことはないかな…となんとなく思っていたので、2人で仲良く生きていけたらいいな。っと相変わらず仕事中心の生活をしていたのですが、ある時…『本当に子供を望んでいないの?』と自分に疑問を投げ掛ける自分がいたんです。全然予想していなかった問い掛けに戸惑う私…考えてみると子供を望んでいないわけではないので、なんだか子供という存在が気になり出し、外を歩いてもテレビを見ても子供が目に入ってくるー!❝あれ…私、子供が欲しい。…かも?❞


この混乱状況のままパートナーに相談をしてみました。

私は『結婚願望は無い。』と豪語していたので、❝結婚をすっ飛ばして子供なんて言い出したらなんて言うかな?❞と不安だったのですが、彼はすごく喜んでくれて、私よりも前向きに子供のことを考えてくれました。

彼の反応に安心しつつ、高齢で始まる妊活に不安を覚えながら話をしていると、彼から『まずは結婚だね。』っと…!?子供のことだけで混乱していた私の頭は、正直、結婚のことは考えていませんでした。『でも、子供を授かれるかもわからないし、子供ができたとしても結婚しないって選択肢もあるよね?』と言っていたのですが、そこは、超スーパーまとも星人のパートナーが物事の順番を教えてくれて、めでたく結婚の運びとなりました。



来週、『私たちの結婚』の後編(結婚してみて…)を投稿させていただきます。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page